>

歯医者さんの雑学

歯医者さんが言う「ばついと」ってなんだ?

歯科医さんが「抜糸」を「ばついと」と言うのは、「抜歯」と音が同じだから。
「今日はばついとをしますね」歯医者さんで手術を受けたことがある人は、先生がそう言うのを聞いたことがあるかもしれませんね。歯医者さんは、他のお医者さんが「ばっし」と言う「抜糸」を「ばついと」と呼びます。どうして「ばっし」ではダメなのでしょう?それは、他のお医者さんではほとんど行わない「抜歯」を、歯医者さんはよく行うからです。「抜歯」は「抜糸」と同じ「ばっし」という音なので、「抜歯」の方が行う頻度が高い歯医者さんたちは混乱してしまいます。だから歯医者さんでは「抜糸」を「ばついと」と呼んで、同じ音になってしまわないようにしているのです。

歯医者さんはコンビニより多いってホント?

歯医者で言う「クレンザー」とは、歯の神経を取る器具のこと。
抜歯をした後に歯医者さんが「クレンザー取って」と言うことがあります。「クレンジング」という「汚れを落とすこと」という意味の言葉があったり、お掃除用具に「クレンザー」があるので、口の中をキレイにするための物かな?と思いきや、実はこれ、歯を抜いた後に残った歯髄(しずい)という神経を取る器具のことなんです。ちなみに見た目はたくさんとげとげがあってちょっと痛そう…
また歯医者さんはコンビニよりも数が多い。
駅など人が集まるところはもちろん、住宅街のすぐ近くにポツンと建っていたりするコンビニ。でもそういえば、歯医者さんもポツンと建っているところを見るような……実は歯医者さんは全国でコンビニよりも数が多く、7万件近くもあります。ちなみにコンビニは約5万件です。


この記事をシェアする